自分のビジネスを持つ

 

あのベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』の、

第三の教えが、これであった。

「自分のビジネスを持つ」

 

職業とビジネスは違う、と書いてあった。

あなたがサラリーマンであったとしたら、

会社に勤めていることは職業であって、ビジネスではない。

あなた自身が取り組むビジネスを持つこと、それが大事だということ。

 

私も、今は雇用されている身である。

しかし、それは生活費を稼ぐための職業。

自分のビジネスとして、アフィリエイトに取り組んでいる。

自分なりのビジネス感で、これを成功させようと企んでいる。

このビジネスだけに集中できるまでは、二足の草鞋。

耐えるしかない、苦難の道を前に進むしかない。

 

    金こそは――取るに足らぬ人物を

    第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。

                    ……ドストエフスキー

 

omomuki-mini

広告